2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

20120311東日本大震災慰霊法要祭

  • 東日本大震災慰霊法要祭(深沼海水浴場)
    東日本大震災から1年がたったH24.3.11、仙台市若林区の深沼海水浴場で東日本大震災慰霊法要祭が執り行われました。

120226日帰り旅行

  • 松島日帰り旅行
    H24.2.26にJR南小泉仮設住宅の住民70人で松島の大観荘に日帰り旅行に出かけました。その様子のアルバムです。

111119東側花壇球根植え

  • 東側花壇球根植え(2011年11月19日)
    2011年11月19日に仮設住宅の東側の花壇にチューリップの球根200球を植えました

111113収穫祭

  • 111113収穫祭
    2011/11/13に仮設住宅にあるコミュニティ広場で収穫祭りがおこなわれました。野菜の販売のほか、演奏などのイベントが行われました

111209-12綿花畑の今年最後の作業

  • 111209-12綿花畑の今年最後の作業
    12月中旬となり、今年植えた刈り取り綿花をまとめて運び出す今年最後の作業が行われています。

H23.12.23クリスマス会

  • JR南小泉仮設住宅クリスマス会
    JR南小泉仮設住宅の集会所の完成を記念して、クリスマス会が行われたくさんの人たちが集まってくれました。

111126わた見会

  • 111126わた見会
    2011年11月26日、JR南小泉仮設住民たちの地元である若林区荒浜地区にて、東北コットンプロジェクトの「わた見」会がおこなれました。 当日は、当仮設のほか各地区からシャトルバスも走りまして、約300人の人が集まり、綿花の収穫を行いました。 残念ながら、今年は水の影響で2割程度の収穫となってしまいましたが、参加者は大丈夫そうなものを見つけては、収穫していました。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月28日 (水)

【出来事】餅つきを行いました

正月を前に、仙台の菊池さん、菊池さんをはじめいろいろな方からもち米を寄贈していただいたことから、仮設住宅の広場で餅つきが行われました。餅つきにあたって、杵と臼が必要となったのですが、いつも支援をいただいている「ぐるぐる」さんからお借りすることができました。

蒸しあがったもち米を臼に入れて、みんなでかけ声をかけ、つき手も交代しながら行いました。このような形での餅つきは本当に久しぶりで、お年寄りたちからは「懐かしいね」と声がきかれ、子供達は米が餅なってくる様子を興味深く見守っていました。

当仮設の住民全員分ですので、半日ほどかかり、きなこ、あんこ、ごま、なっとう餅、雑煮として振る舞われましたが、臼でついた餅は本当においしいと大好評でした。この材料については、いつも支援をいただいている「Dande らいおん」さんからいただきました。

餅は小分けにして、正月向けに全世帯に配布されました。

この餅つきが、今年最後のイベントとなったので、お手伝いした方々でささやかな忘年会をしました。

餅つき(JR南小泉仮設)
▲みんなで声をかけてついてゆきます

餅つき(JR南小泉仮設)
▲こちらは雑煮をつくっています

餅つき(JR南小泉仮設)
▲子供たちもおっかなびっくりですがつきます

2011年12月26日 (月)

【出来事】子供クリスマス会開催しました

H23.12.26 「Dandeらいおん」さんが主催して、毎週月曜の勉強会を実施しているNPO法人アスイクさんが企画を考え、そしてお母さんたちが協力して子供クリスマスを行いました。

夕方から完成したばかりの集会所に小中学生20名があつまり、「人間の知恵の輪」「フルーツバスケット」「宝探し」などをスタッフと一緒に楽しみました。そして最後は、みんなが持参したプレゼント交換が行われました。

当日はジュース、ケーキ、ちらし寿司、チキンが食べ放談、飲み放題ということで、みんな楽しそうでした。

子供クリスマス会(JR南小泉仮設住宅)
▲スタッフたちの紹介

子供クリスマス会(JR南小泉仮設住宅)
▲子供たちも楽しそう

子供クリスマス会(JR南小泉仮設住宅)
▲円座になってゲーム

2011年12月23日 (金)

【出来事】クリスマスパティーを盛大に開催しました

JR南小泉仮設住宅クリスマスパーティ
▲イルミネーションが輝く広場

12/23に仮設住宅の広場において「クリスマスパーティー」を行い、住民・ボランティアなど百人近いが集まりクリスマスの雰囲気を味わいました。このイベントは、集会所の落成記念と今年一年の住民たちの慰労のために開催されたものです。

パーティーは、午後2時半過ぎから始めまり、まずはゴスペル、学生さんたちのダンスパフォーマンス、森光弘さんのハンドフルート演奏が行われました。そして薄暗くなりはじめた四時半過ぎに、広場に設置されたイルミネーションが一斉に点灯され、集まった人たちからは「わー」と声があがり、感動の一瞬でした。

暗くなってからは、子供ダンス、サンタさんによるビンゴ大会などが盛大に行われ、みんなたのしそうに当たった景品を持ち帰りました。

このほか、飲み物、手作りのピザなどもふるまわれ、大人も子供も楽しい時間を過ごしました。

広場にあるイルミネーションは1月中旬まで毎晩日没から0時まで点灯します。

JR南小泉仮設住宅クリスマスパーティ
▲火のまわりにたくさん人が集まり会話を楽しんでいます

2011年12月19日 (月)

【勉強会】部屋がクリスマスの雰囲気になりました

こんにちは。NPOアスイクの小松です。
12月12日(月)の学習会には、小学生7人、中学生4人が参加。
部屋の中におさまらないほどの人数が集まりました。

小学生チームは30分も前に来て学習サポーターを待っている姿も。
学校の宿題プリントに取り組んだり、学習サポーターが手書きで書く宿題に取り組みました。

中学生チームも、机を譲りあって教科書を開き、
中学2年生が中学1年生に数学の問題のヒントを出したりと、
「一緒に学ぶ」空間ができつつあります。
学習サポーターと子どもたちの姿が縮まり、学校の様子や被災したときのことなどを
話してくれるようになりました。
自治会の方々が用意してくださった、クリスマスデコレーションの様子です。
夜の窓にイルミネーションが映えてとてもきれいです。
活動後は、子どもたちと一緒にクリスマスの飾りつけを創りました。

(アスイク小松)

JR南小泉仮設住宅・勉強会
▲クリスマスの雰囲気の中で勉強中

JR南小泉仮設住宅・勉強会
▲窓ガラスにもありました。

2011年12月16日 (金)

綿花畑の今年最後の作業の写真をアルバムにアップ

T_dsc00015

東北コットンプロジェクトの仙台市若林区荒浜地区の綿花畑で、今年最後の関係者とボランティアによって作業が行われています。

この様子を当ブログのアルバムにアップしましたので、ご覧ください。

東北コットンプロジェクト
http://www.tohokucotton.com/

2011年12月15日 (木)

【出来事】ポーラさんによる月1回のミニエステがスタート!

12/13 ポーラ南東北エリアメイクアップ営業所の八島所長とスタッフ2名がJR南小泉仮設住宅を訪れて、集会所においてボランティアのミニエステが行われました。

この企画は、秋に京都市のポーラさんが仙台市内の仮設住宅を対象に行われたボランティアのミニエステが大好評で、その後、JR南小泉仮設住宅自治会婦人部(なでしこ会)でも、お茶を飲む毎に「ミニエステがまた来てくれないかね~」との話をしていたのですが、関係者に届き実現に至りました。

エステでは、顔を手を中心に行ってくれて参加者たちからは「マッサージもすばらしく、心も体もすごくよくった」と評判です。また初回参加者はお肌診断も行ってくれ、各自にあった無料サンプル品が届きます

予定では、今後月1回のペースで開催されることになっています。

T_dsc00046
▲スキンケアを受け肌もすっきり

2011年12月14日 (水)

【取材】date-fmの取材がありました

仙台の民放FM局である「Date―FM」さんからJR南小泉仮設住宅自治会に取材要請があり、12/13、収録取材のため船越アナウンサーほか2名のスタッフが当仮設住宅を訪れました。

ここが他の仮設住宅とは違い集合住宅(JR社宅)を利用していることから、ここならではの問題点があるのではないかと取材対象となったようで、住民の生活の様子や不便なこと、今後生活などを質問しました。

この日は、大久保自治会長、佐藤(正)親子、佐藤(長)さんが対応にあたり、向けられたマイクに緊張した顔で答えていました。

この仮設住宅でのラジオ局の取材ははじめてで、放送は1月2日の午前中となっています。

T_dsc00058
▲質問に答える仮設住民たち

2011年12月13日 (火)

【出来事】イルミーネーションが点灯しました

いつも支援をいただいている斉藤さんからいただいたイルミーションが集会所に住民たちの手で取り付けれられ、12/12の夕方に点灯しました。

このイルミネーションは、点灯、点滅などのプログラムがあり、いつも殺風景な夜仮設住宅ですがこの一角だけはクリスマスの雰囲気となりました。

取り付け作業をやっていると子供たちが集まってきて、薄暗くなったころを見計らって点灯すると「わーと」歓声があがりました。

作業中心となった木田さんは「ここは仮設住宅の住民だけでなく、周辺の住民もたくさん通りますので、みんなでクリスマス雰囲気を味わってもらえればと思っています。子供達が喜んでくれたのが励みです」

作業にあたってメンバーは、次は広場にあるモミの木にもイルミネーションをつけようと話をしてもりあがっています。こうご期待!

T_dsc00011
▲青い光がキラキラ光るイルミネーション

2011年12月12日 (月)

【勉強会】NHKの取材がありました

JR南小泉仮設住宅・勉強会_
▲撮影のためNHKの山形放送局のクルーがわざわざきてくれました

毎週月曜日の学習会で学習サポートをしております、
山形大学人文学部1年の伊藤淳樹です。

もう12月!寒さも厳しくなり、いよいよ冬も大詰めです!!

12月5日の勉強会はまず、勉強の前に徳島の小学校からアロマオイルの贈り物がありましたΣ(゜∇゜;)
いい香りに癒されてください、と非常に嬉しいプレゼントです!!

徳島のみなさん!本当にありがとうございました<(_ _)>

さてさてこの日は嬉しいことがもう一つ・・・なんとNHK山形の方が取材にいらしてくれました!
突然カメラを向けられて、みんなも緊張気味です・・・(ー_ー)!!笑
JR南小泉アパートに様子が東北6県中に放送されます!
みなさんご期待ください!

(アスイク・ボランティア/伊藤)

JR南小泉仮設住宅・勉強会
▲子供、自分たちもカメラに少々緊張気味です

2011年12月 9日 (金)

【支援】蜂屋食品さんから餃子が届きました

この仮設住宅をはじめ各地で支援活動を行っている仙台市出身で東京在住の斉藤さんのお仲間である塩釜の蜂谷食品さんが12/8、80世帯分の冷凍餃子が届けてくれました。

塩釜の蜂谷食品は、40年前から地元を中心とした国産素材を使ったこだわり餃子でたいへん人気がある餃子です。

今回の支援は、秋に引き続き2回目ですが、とても人気があったことから配布を告知すると集会所に行列ができるほどでした。

蜂屋食品さん、ほんとうにありがとうございます。みんなおいしくいただきました。

蜂屋の餃子(蜂谷食品webサイト)
http://www.hachiya-foods.co.jp/index.html

T_dsc00085
▲箱を開けるとたくさんの餃子!

T_dsc00084
▲夕飯は餃子で決まりですよ

2011年12月 7日 (水)

【出来事】JR南小泉仮設住宅の集会所の建設がはじまる

 当仮設住宅の集会所については、現在暫定的に1戸を利用していますが、狭隘なことから住民から早期に集会所の建設を望む多くありました。これを受けて自治会では各方面へ働きかけを行ってきましたが、12月5日に着工の運びとなり、工事用フェンスが建てられました。

集会所は2軒×4軒の広さのプレハブで、翌日には建物も立ち上がり、これからは内装や設備工事となります。工事が進む様子は、全世帯から見え「コミュニケーションの場所ができるのは楽しみ」とみんな期待を寄せています。

完成は12月20日を予定していて、自治会では開所式を行うことにしています。

JR南小泉仮設住宅・集会所建設
▲12/6 建設用地に工事用フェンスが張られました 

JR南小泉仮設住宅・集会所建設
▲12/7 基礎があっという間にできて、建物が立ち上がりました

2011年12月 6日 (火)

【出来事】徳島県津田小学校から「香り」の贈り物

徳島県津田小学校から「香り」の贈り物
▲勉強会で配られたエッセンシャルオイルを持って記念写真

12月のはじめ徳島県徳島市津田小学校のみなさんから励ましのメッセージ入りの「エッセンシャルオイル」が届きました。「癒しの香りを届けよう」と徳島県内で企画された東日本大震災支援プロジェクト「1000本の香りのスプレー」として被災地に贈られ、当仮設住宅では、約100本を受け取りました。

徳島県津田小学校から「香り」の贈り物
▲袋にはオイルと説明書が入っています

スプレーは「癒しの力」の香りの配合となっていて、容器を開けるととても良い香りがして、本当に気持ちが落ち着きました。まずは、12月5日(月)の勉強会に参加の児童と保護者に先行配布され、子供達は鼻を近づけては「良い匂いするよ~」と大喜びでした。スプレーは、勉強会に続いて、全世帯にも配布されました。

徳島県津田小学校から「香り」の贈り物
▲容器には、ひとつひとつ丁寧にメッセージが書いてありました

スプレー容器一本には、色鉛筆で書いたかわいらしい字で「がんばってください」などと書いてあってあり、受け取った一人ひとりが香りとともにそのメッセージにも癒されていたようです。

徳島県津田小学校のみなさん、どうもありがとうございます。
ここに住んでいるみんなが香りで癒されています。

徳島市津田小学校webサイト
http://tgn.tcn.ne.jp/~tuda_es/index2.html

2011年12月 4日 (日)

【勉強会】アスイクのご紹介

勉強会を開催しているNPO法人アスイクさんに、これから週に一回、勉強会を通じて感じたJR南小泉仮設住宅の出来事などをアップしてもらいます。


はじめまして。
NPOアスイクの小松です。

先日ブログでもご紹介していただきましが、
毎週月曜日にJR南小泉アパート集会所で「学習会」を開催しています。

私たちの団体は、2011年3月28日に発足し、避難所や仮設住宅で教員志望の大学生を中心に学習支援活動を行ってきました。

1
▲ 避難所で活動していた頃の様子

現在は、榴岡に事務所を構え、仮設住宅と借り上げ住宅集会所5か所と、榴ヶ岡の教室を合わせて約50名の子どもたちと学習会を行っています。

1_2
▲アスイク事務所での学習会の様子(宮城野区榴岡)

1_3
▲ 仙台港後背地6号公園仮設住宅での活動

私たちの活動は、市政だよりなど、多くのマスコミに取り上げていただいています。学習会に参加したい小学生・中学生の方、もしくはボランティアとしての活動に
ご興味がある方は、【アスイク事務所】022-781-5576 までご連絡ください。

T_

今後もできるかぎり子どもたちのために活動していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
(NPOアスイク 小松)

【出来事】丸森町から野菜が届きました

12/4 丸森町舘山地区の菊池一雄さんが「みなさんにぜひ食べてもらいたい!」と白菜100個、にんじん100袋を届けてくれました。

これらの野菜は菊池さんたちが丹精込めて作られたもので、野菜は全世帯に配られ、取りに来たみなさんは、「今晩は何の料理にしようか」と嬉しそうに持ち帰っていました。

野菜贈呈(JR南小泉仮設住宅)
▲袋に入った白菜を受け取りました

2011年12月 1日 (木)

荒浜の《わた見会》の様子をアルバムにアップしました

2011年11月26日、JR南小泉仮設住民たちの地元である若林区荒浜地区にて、東北コットンプロジェクトの「わた見」会がおこなれました。

当日は、当仮設のほか各地区からシャトルバスも走りまして、約300人の人が集まり、綿花の収穫を行いました。

残念ながら、今年は水の影響で2割程度の収穫となってしまいましたが、参加者は大丈夫そうなものを見つけては、収穫していました。

この様子を当ブログのアルバムにアップしましたので、ご覧ください。

http://jr-kasetsu.cocolog-nifty.com/photos/111126/index.html

東北コットンプロジェクトhttp://www.tohokucotton.com/

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »